企業年金最新情報

2012.11.16公的年金法令・通知

年金関連2法が成立(2012/11/16)

11月16日、年金に関連する2法が成立しました。内容は以下の通りです。


1.基礎年金給付の特例水準解消
  過去の物価減少時に年金額引下げを行わなかったことにより、現在2.5%本来の水準よりも高い給付となっています。この2.5%について、2013/10~1%、2014/4~1%、2015/4~0.5%給付引下げを行い、本来水準に戻すこととなります。
<遅すぎた感もありますが、今後はデフレ経済下におけるマクロ経済スライドに関する検討となるのでしょう。
マクロ経済スライドとは、2004年年金改革で100年安心プランとして採用されましたが、デフレ経済では発動できず、実際のところ8年間塩漬けとなっています。>
2.低所得年金生活者への支援金給付
 家族全員が住民税非課税で所得が77万円以下の受給者に保険料納付済み期間に応じて最大月5,000円を給付するなど
 

このページのトップへ