企業年金最新情報

2008.11.05公的年金

社会保障国民会議が最終報告を公表(11/4)

本年1月に設置された社会保障国民会議が最終報告を取りまとめました。


年金関連では、以下の3点が重要課題に位置付けられています。

(1)基礎年金の財政方式
社会保険料方式、税方式における負担のシミュレーションを提示し、今後の議論の土台とする。
税方式移行において最も現実的と考えられる「過去未納分減額方式」で、追加財源は3.5%(2009)~6.0%(2050)としている。(国庫負担1/2に引上げ後の追加財源であるため、基礎年金全体ではこの2倍程度)

(2)保険料の未納問題
未納問題そのものは年金財政に与える影響は小さいとしつつ、免除制度や強制徴収等により早期対策の実施を提言

(3)無年金・低年金問題
未納対策の他、最低保証機能の強化を課題として提示

詳細は
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/syakaihosyoukokuminkaigi/saishu.html

このページのトップへ