企業年金セミナー・少人数勉強会情報

企業年金セミナー・
少人数勉強会情報

JPアクチュアリーコンサルティングが主催・講演する
セミナー・少人数勉強会のご案内

退職給付会計、企業年金のリスクマネジメント等をテーマに、定期的にセミナー及び少人数勉強会を開催しています。企業年金ご担当者、役員、年金基金の方々、制度設計・制度(財政)運営・退職給付会計等、退職給付について学ばれたい人事・経理・財務・役員等の方からのご参加をお待ちしております。

今後のセミナー・少人数勉強会予定

3月13日(水) 企業年金セミナーを開催します

 

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

 

報酬制度・企業年金セミナー
~ インフレ下の報酬制度と退職給付制度 ~

 

 2022年前半から物価上昇が始まり、2023年は3%(CPI総合指数、前年同月比)を超える上昇が続いており、約30年間続いたデフレも終焉した感があります。今回のインフレは原材料価格の高騰から始まりましたが、人手不足も相まって賃金上昇も継続する可能性が高く、報酬制度に及ぼす影響も大きくなっています。
 本セミナーでは、今後の報酬戦略、資産運用戦略の参考となることを目指し、著名な講師陣をお招きしてインフレ下における報酬制度や企業年金の資産運用についても、分かり易く解説します。
 人事部門、企業年金の責任者、担当の皆様のご参加をお待ちしています。

 

お申込み

参加費無料 お申し込みはこちら
詳細とFAXからのお申込についてはこちら

 

※本セミナーは会場参加のみとなります。(Web配信はありません)
受講票の発行は省略させていただいておりますので、当日は受付にてお名刺のご提示をお願いいたします。
※ご提供頂いた情報は、弊社の個人情報保護方針及び個人情報の取り扱いについてに基づいて取り扱わせていただきます。
※本セミナーは一般企業・年金基金を対象としておりますので、金融機関・コンサルティング会社等の方はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

 

プログラム

13:25 開会のご挨拶

13:30~14:25

令和のインフレ下における報酬制度の考え方
講師:山本 紳也 株式会社HRファーブラ 代表取締役
久々のインフレ下、多くの若手はベアという言葉すら知らない。一方、ビジネス競争環境は益々厳しくなる中、今後70歳までの雇用が当り前になり、会社には人件費マネジメントに益々のプレッシャーがかかることは明らか。多くの会社で模索の始まったジョブ型の考え方を含め、これからの報酬制度を考える。

14:25~14:30 休憩
14:30~15:25

退職給付制度におけるインフレへの対応
講師:黒田 英樹 弊社代表取締役 年金数理人・日本アクチュアリー正会員
退職給付制度にはその設計上インフレに自動的に連動するものとそうでないものがある。ポイント制に代表される多くの制度ではインフレに自動対応はしていないものの、対応していかなくては制度の目的は損なわれしまう。ここでは、インフレ下の退職給付制度の見直しについて企業年金も含めて解説する。

15:25~15:30

休憩

15:30~16:25

インフレに適応した年金資産運用とは
講師:石田 英和 システム2株式会社 代表取締役 年金ガバナンスアドバイザー

年金資産運用の考え方は10年単位で変わります。今主流になっている運用(「運用しない運用」)はデフレや超低金利の時代に合わせて発達してきましたが、インフレが戻ってくればまた違う運用が最適になります。そのためには、2%程度に低下してしまった運用目標を4%から5%に引上げなくてはなりません。これは容易い課題ではありませんが、いくつかの作戦を一緒に考えてみましょう。

16:25~16:30

閉会のご挨拶 質疑応答、個別相談

 

会場のご案内

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル 10F
コンファレンススクエア エムプラス ミドル1

 

講師紹介

山本 紳也 (株式会社HRファーブラ 代表取締役)

慶應義塾大学理工学部 管理工学科卒、イリノイ大学経営学修士課程修了(MBA)。エプソン(現セイコーエプソン株式会社)、外資系コンサルティング会社に勤務後、1999年から2014年まで15年間、PwCジャパンにおいてパートナーとして人事・チェンジマネジメント部門をリード。その後、独立、株式会社HRファーブラを設立。
著書に、「ジョブ型vsメンバーシップ型」(共著、中央経済社)、「外国人と働いて結果を出す人の条件」(幻冬舎)、「人事の本気が会社を変える」(経営書院)、「新任マネジャーの行動学」(経団連出版)などがある。他に、組織人事に関わる論文・講演は、国内外において多数。

 

黒田 英樹 (JPアクチュアリーコンサルティング株式会社 代表取締役 年金数理人・日本アクチュアリー会正会員)

慶應義塾大学理工学部 数理科学科卒、1985年大和銀行(現りそな銀行)に入社。年金信託部において一貫して適格年金・厚生年金基金の数理業務を担当し、数多くの年金制度設計や指定年金数理人業務を行う。プライスウォーターハウス・クーパースに移籍し、年金コンサルティングを手掛けた後、2000年にJPアクチュアリーコンサルティングを設立し現在に至る。元モルガンスタンレーアセットマネジメント顧問。
著書(共著)に「リスク回避の企業年金設計」(中央経済社)、「確定拠出年金ハンドブック」(ポプラ社)など

 

石田 英和 (システム2株式会社 代表取締役 年金ガバナンスアドバイザー)

レオス・キャピタルワークス顧問。FinCity.Tokyo(東京国際金融機構)EMPスペシャルアドバイザー。1990年大阪ガス入社。1995年スタンフォード大学MBA修了。大阪ガス企業年金のインベストメントオフィサーとして年金資産運用を担当。2016年3月同社を退社後、システム2を設立。2020年京都大学経営管理大学院教育部後期博士課程修了。京都大学博士(経営科学)。
主な共訳書に、『イェール大学流投資戦略』(デビッド・スウェンセン著、パンローリング、2021年)がある。

 

お問い合わせ

JPアクチュアリーコンサルティング株式会社
セミナー担当 加藤
mail@jpac.co.jp

過去のセミナー・少人数勉強会

「確定給付企業年金財政運営の改正」

平成23年度に実施された確定給付企業年金の政省令改正に伴う財政運営の改正ポイントについて解説します。

少人数勉強会

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

日時・場所

2012/2/8 (水) 東京 2011/2/15(水) 東京

「導入10年 日本版401kの課題と展望」

弊社代表黒田英樹が「第3部 確定拠出年金の10年と今後の課題」にパネリストとして参加いたします。

セミナー

主催:日経CNBC

日時・場所

2011/10/26(水) 東京

JPAC企業年金セミナー「退職給付会計セミナー2011」〜国際会計基準IAS19号(従業員給付)改正に係る最終基準書の解説と国内企業への影響〜

IAS19号の改正内容について分かりやすく解説する一方、国内企業のIFRS適用にあたって注意すべき点や、年金会計のグローバル化時代のリスク管理などについて、企業年金の専門家の視点から解説します。

セミナー

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

日時・場所

2011/7/7 (木) 東京 2011/7/11(月) 大阪

「IFRS適用化における企業年金の再構築」

IFRS適用にあたって注意すべき点や、年金会計のグローバル化時代のリスク管理などについて、企業年金の専門家の視点から解説します。

少人数勉強会

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

日時・場所

2011/6/8 (水) 東京 2011/6/15(水) 大阪

「IFRS(国際会計基準)導入と退職金・年金制度の課題」〜第60回 ベーシック実務講座 〜

 

セミナー

主催:公益財団法人日本生産性本部

日時・場所

2011/4/28(木) 東京

「退職給付会計の最新動向:IFRSの年金会計(IAS19)について」

IAS19号の改正内容について分かりやすく解説する一方、国内企業への影響等についても解説します。

少人数勉強会

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

日時・場所

2010/11/11(木) 東京 2010/11/18(木) 東京 2010/11/25(木) 東京

JPAC企業年金セミナー「退職給付会計セミナー2010」〜年金会計の基礎と国際的動向および日本基準と国際会計基準(IAS19)における公開草案について解り易く解説〜

年金会計の全容にスポットをあて、基本的な仕組みから今後の動向まで包括的に解説する一方、国内会計基準と国際会計基準の公開草案の詳細を分かりやすく解説していきます。

セミナー

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

日時・場所

2010/7/22(木) 大阪 2010/7/28(水) 東京

「退職給付会計の改正について」

国内会計基準の変更内容について解説します。

少人数勉強会

主催:JPアクチュアリーコンサルティング株式会社

日時・場所

2010/5/21(金) 東京 2010/5/26(水) 東京 2010/5/28(金) 東京 2010/6/9 (水) 東京 2010/6/11(金) 東京 2010/6/18(金) 東京

Global Pensions in 2010

アジェンダ:
•IAS19の改正とグローバル企業への影響
•不安定な時代にどのようにリスク削減・運用戦略を練るべきか
•DCプランのディベート
•国際的なM&Aのケーススタディ•主要国の年金情報とベネフィット事情

セミナー

主催:MGACネットワークレーンクラークアンドピーコック社

日時・場所

2010/5/20(木) ロンドン

「退職給付会計の最新動向」

弊社代表黒田が国際財務報告基準(IFRS)の年金会計(IAS19)について、以下の視点で解説します。
1.IAS19と国内会計基準との違い2.2010/4公開予定のIAS19改定に関する公開草案について3.国内会計基準の改定も含む今後の改訂スケジュール

セミナー

主催:日経BP・国際会計基準プロジェクト

日時・場所

2010/5/19(水) 東京

ページトップに戻る