企業年金最新情報

2009.02.02公的年金

基礎年金の国庫負担割合を1/2に引上げる法案が提出される(1/30)

「国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律」が内閣府より提出されました。 


これは平成16年の法律改正により、2009年度までに基礎年金の国庫負担割合を1/3から1/2まで引上げることが決定されていましたが、それを実現するための法案です。

しかしながら、具体的財源については、平成21年度、22年度については財政投融資から一般会計からへの繰入金を活用することとされており、安定的財源を確保できる年度「特定年度」は別に定めるとされ、財源問題は先送りされたものとなっています。
なお、(平成21年4月の施行予定)
 

このページのトップへ