企業年金最新情報

2008.09.11法令・通知

厚生労働省令が交付されました。(9/11)

内容は以下の通りです。


1.厚生年金基金規則の改正

・事業所減少時の一括拠出額の算定方法の追加
 従来の未償却過去勤務債務または最低積立基準額の不足額による方法に加えて、厚生労働大臣の定める方法が追加となります。
・上記厚生労働大臣が方法を定めた場合の、解散時の一括拠出額の計算方法の規定
 計算方法を厚生労働大臣が定めることを規定

2.確定給付企業年金施行規則の改正

・基金または規約型を分割する際、および権利義務移転の際の積立金の移換額の算定方法を規定
 分割等における積立金の移換額は次のいずれか
  (1)給付現価、数理債務、責任準備金、最低積立基準額のいずれかの比で按分
  (2)移換先の受給権者分の積立金を確保した上で加入者分を(1)の方法で按分
  (3)厚生労働大臣が定める方法
・上記(3)で厚生労働大臣が方法を定めた場合の、解散時の一括拠出額の計算方法の規定
   計算方法を厚生労働大臣が定めることを規定

厚生労働大臣の定める方法については、別に告示等により規定されるものと考えられます。

このページのトップへ