企業年金最新情報

2022.01.24公的年金

令和4年度年金額(前年に続きマイナス改定)

厚生労働省は、21日「令和4年度の年金額改定について」を発表した。

年金額の改定は △0.4%のマイナス改定となるものの賃金水準の低下に伴うものである。
令和4年度新規裁定者のモデル年金額は以下のようになる。

令和3年度 令和4年度 改定率
国民年金(1人分) 65,075円 64,816円 △0.4%
厚生年金(夫婦2人) 220,496円 219,593円 △0.4%

改定の内訳は、   物価変動率 賃金変動率 マクロ経済スライド
           △0.2%   △0.4%    △0.3%※

※令和4年度のマクロ経済スライドは△0.2%だが適用されず、前年度繰越の△0.1%と合わせ、△0.3%が次年度以降に繰り越されることとなる。

このページのトップへ