企業年金最新情報

2014.08.11公的年金厚生年金基金

厚生労働省が厚生年金・国民年金の平成25年度収支決算の概要を公表(2014/8/8)

厚生労働省は、平成25年度における厚生年金・国民年金の決算概要を公表しました。


厚生年金については、
 1. 保険料収入は25兆500億円(24年度:24兆1,500億円)で前年比8,900億円の増加
 2. 保険給付費(基礎年金勘定への繰入を含む)は38兆6,900億円(24年度:38兆5,400億円)で
       前年比1,500億円の増加
 3. 時価ベースの運用収益は9兆5,300億円(24年度:10兆4,700億円)で前年比9,400億円の減少
 4. 時価ベースの運用収益率は8.22%(24年度:9.57%)で1.4%の減少
 5. 時価ベースの積立金は123兆6,100億円(24年度:117兆8,900億円)で前年比5兆7,300億円の増加
となっています。

この結果、平成25年度の厚生年金基金の最低責任準備金調整額の算出に用いる利回りは、8.22%となります。
(7月8日にご案内の通り)
(注)平成26年度末の財政検証からは最低責任準備金の算定方法が見直され、
   期ズレが解消された「最低責任準備金」を使用することになります。

詳細は以下のとおり
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000049881.html

 

このページのトップへ