企業年金最新情報

2008.05.29厚生年金基金確定給付企業年金資産運用

2008年3月末の企業年金の受託概況が公表される。(5/28 信託協会、生命保険協会、全共連)

適格年金の件数は32,825件と昨年に比べて6,060件しか減少していない。
今後、4年間も同じペースだと、2012年3月末で8,585件が残る計算となり、0件にするには年間8,200件ペースまで引き上げなければならない。


特に、生保が前年比16%減であるのに対して、信託は13%減と信託の処理スピードが低迷している。一部では、適年終了に向けて、何らかの対応措置が必要との意見もあるが、10年間もの経過措置が設けられており、それ以前に受託機関の管理能力が問われるべきであろう。

http://www.shintaku-kyokai.or.jp/news/news200528.html

http://www.seiho.or.jp/data/news/h20/20080528.html
 

このページのトップへ