企業年金最新情報

2008.08.29確定拠出年金

金融庁が平成21年度税制改正で確定拠出年金の拠出限度額引上げ等を要望(8/28)

金融庁が平成21年度税制改正要望を公表しました。


○ 企業年金関係では、確定拠出年金で以下の3点を要望しています。

1.企業型確定拠出年金における個人拠出の容認
企業型確定拠出年金を導入しているケースで、掛金が拠出限度額に満たない場合、満たない額を本人が拠出できるようにする

2.個人型確定拠出年金の加入対象者の見直し
確定給付企業年金のみを実施している企業の従業員が、個人型確定拠出年金に加入できるようにする

3.企業型・個人型確定拠出年金の拠出限度額の引上げ
現在 他に企業年金がない場合:46,000円
    他に企業年金がある場合:23,000円
となっている拠出限度額を引上げる

○ 会計基準の国際会計基準との差異の解消に向けて、所要の税制措置を行うことも要望事項となっています。

詳しくは以下をご参照下さい。
http://www.fsa.go.jp/news/20/sonota/20080828-2.html
 

このページのトップへ