会計基準最新情報

2008.10.17国際会計基準

経団連が会計基準の国際的な統一化に対する意見書を公表(10/14)

経団連が、意見書「会計基準の国際的な統一化へのわが国の対応」を公表しました。
主な内容は、次の通りです。


  • IFRSの採用を含むわが国会計基準の方向性に関する検討を加速し、具体的なロードマップを早急に作成すべきである
  • IFRSの適用は、当面の間、IFRSと日本基準の選択制とすることが適当である
  • 適用対象会社の範囲は、四半期報告書提出会社や内部統制報告制度の対象会社同様、金融商品取引法上の上場会社とすることが適当である
  • 諸外国で必ずしも開示が求められていない個別財務諸表にまでIFRSを適用する必要はなく、適用は連結財務諸表に限定すべきである

詳細は経団連のページをご覧ください。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2008/071/index.html
 

このページのトップへ