会計基準最新情報

2014.08.01国内会計基準国際会計基準

日本版IFRSの公開草案が公表されました。(2014/7/31)

企業会計基準委員会(ASBJ)は、7月31日、国際会計基準(純正IFRS)の一部を修正した「日本版IFRS」の公開草案を公表しました。日本版IFRSは、国際会計基準審議会(IASB)が公表している会計基準を基準ごとに採択し、一部の基準については削除または修正し採択します。これにより、国内で使用できる会計基準は、日本基準、米国基準、国際会計基準、日本版IFRSの4通りとなる予定です。
意見募集は、10月31日まで。
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/endorsement/exposure_drafts/index.shtml


公開草案では、「のれん」「その他包括利益」について修正が提案されています。
IFRSにおける年金会計(IAS19)では、当期発生数理計算上の差異を「その他包括利益」で処理し、その後に損益計算書で認識しませんが、日本基準や米国基準では再度損益計算書で認識します。(リサイクリング)
日本版IFRSでもリサイクリングが提案されており、退職給付会計については日本基準と同等なものとなります。

このページのトップへ