会計基準最新情報

2013.11.06国内会計基準

退職給付会計基準改正における割引率について

企業会計基準委員会(ASBJ)は、11月5日、「退職給付に関する会計基準」及び同適用指針の解説に一部追加しました。

新会計適用時の割引率設定における重要性基準の取扱いについて、内容が追加されています。
以下のような取扱いについて記載していますが、実際の取扱いについては監査人にお問い合わせ下さい。
[退職給付会計改正における適用初年度の取扱い]
1. 従来、重要性基準により割引率を決定してきた企業が、適用初年度期首において重要性基準を適用せずに
  割引率を決定する場合がある。この場合、差額を利益剰余金で調整すること、および、適用年度期末以降
  に再度重要性基準により、割引率変更の可否を決定することは認められると考えられる。
2. 従来、重要性基準により割引率を決定した企業が、適用初年度期首において重要性基準を考慮して従前割引率
  を決定することも認められる、と考えられる。

このページのトップへ