特別法人税

法人税法に基づき、退職年金業務等を行う法人に対し、退職年金等の積立金(厚生年金基金は代行部分の3.23倍を越える積立金)に毎年1.173%(国税1%+地方税0.173%)を課税するもの。確定給付企業年金、厚生年金基金、確定拠出年金等が対象となるが、平成32年3月31日までは、課税が凍結されている。

Page Top