退職給付引当金

個別貸借対照表における負債科目で、退職給付債務から年金資産を控除し、未認識数理計算上の差異、未認識過去勤務債務、会計基準変更時差異の未処理額を加減した額で計上される。なお、金額がマイナスになる場合は前払年金費用として資産に計上される。

Page Top