遅延認識

数理計算上の差異及び過去勤務費用を発生年度に費用処理せず、平均残存勤務期間以内で規則的に費用処理すること。簡便法では適用できない。

Page Top