数理的評価

財政計算および財政検証において、年金資産の短期的な時価の変動が掛金や不足金に過度に影響を与えないように、資産変動を平滑化すること。基準となる収益(平滑化の対象としない収益)と時価ベース収益との差を一定の年数に分割して認識する。

Page Top