数理計算上の差異

年金資産の期待運用収益と実際の運用成果との差異、退職給付債務の数理計算に用いた見積数値と実績との差異及び見積数値の変更等により発生した差異のこと。平均残存勤務期間以内の一定年数で費用処理する。
費用処理されていない部分を「未認識数理計算上の差異」という。

Page Top