スライド調整率

給付水準調整期間中の年金の改定率を定めるにあたり、本来の改定率から減じられる率のこと。算式で示せば、以下のようになる。

  • 新規裁定年金の改定率 = 賃金上昇率 - スライド調整率
  • 既裁定年金の改定率 = 物価上昇率 - スライド調整率
  • スライド調整率 = 公的年金の全被保険者数の減少率の実績(3年平均) + 平均余命の伸び率を勘案して設定した一定率(0.3%)

Page Top