コリダールール(会計)

FAS87による数理計算上の差異の償却方法の一つ。数理計算上の差異の合計額が、年金資産とPBOとの大きいほうの10%(コリダー:回廊)以内であれば、償却を必要としない方法。回廊アプローチ。

Page Top