加入年齢方式

平準保険料方式に属する財政方式の一種。標準的な入社年齢で制度に加入する者に対する平準保険料方式の掛金(標準掛金)を、制度全体の加入者に適用し、標準掛金で給付がまかないきれない場合は別途特別掛金を支払う財政方式。企業年金制度で最も一般的な財政方式。標準的な入社年齢(特定年齢)を定めるため、特定年齢方式と呼ばれることもある。

Page Top