簡便法

退職給付会計において、毎期の退職給付債務、退職給付費用の認識を期末要支給額、数理債務等を基礎として行う方法。原則として、小規模企業等(計算対象となる従業員数が300名未満)に該当する場合等に適用可能となる。

Page Top