非継続基準

制度が解散又は終了した場合にそれまでの加入期間に応じて発生したとみなされる給付(最低保全給付)の現価(最低積立基準額)が確保されているかどうかを検証する。積立水準に満たない場合、掛金を追加拠出し、積立不足を解消する必要がある。

Page Top