1.57ショック

1989年の人口動態統計に基づく合計特殊出生率が1.57となり、それ以前の最低である1966年(ひのえうまの年)を下回ったこと。少子化進展の象徴とされた。

Page Top